仮想現実よりもリアルな体験

他人の考えていることがわかったら、すごいとおもいませんか。自分が今考えている事は自分しかわかりませんが、他人が考えていることは言葉とか、
音楽とか絵画とかで表現してもらわないと理解できません。自分の思いを伝えるときも言葉やそのほかの表現方法が必要になります。
今、VRという技術があるのをご存知でしょうか。バーチャルリアリティーのことです。仮想現実を映像で体感できるものをご存知だと思います。
もし、仮想ではなく本物の人間の脳のなかでくりひろげられている現実を体感できる技術があれば、すごいことだと思うのです。
人間は、常になにか考え事をしながら生活しています。そんな他人の頭のなかで描かれているリアルな映像や思考、過去の経験などを自分が体感することができたら、
すばらしいことだと考えるのです。
たとえば、お友達が海外旅行へ出かけてきて帰国したとします。私たちは、そのお友達が言葉や写真、ビデオなどを通して、旅行の体験を教えてくれるでしょう。
でも、そのお友達が実際にの海外旅行で得た、リアルな記憶や体験を、映像や音で再体験することができたとしたら、すばらしいことではありませんか。
近い将来、他人の脳の思考や感情、記憶のなかに入り込めるという夢のような技術が開発されるのではないかと期待しているのです。詳しくはこちら

公園!貴重な体験は永遠に残る思い出。

ウキウキワクワクすることは、最近は日曜日何処に家族で出掛けようかと考えている時です。

前は温泉でしたが、最近は公園めぐり。公園は子供も楽しめて親も楽しめて親子に良いです。

まだ小さいからほぼ抱き上げてからローラー滑り台往復したり…親のほうが子供より楽しんでるふしがあったりするくらい楽しいですね。

公園はタダでお金かからないのに、子供は色々公園で学べれる遊び場で助かってます。

今週はここ!来週はここ!考えてるだけで楽しいです。

私は子供の成長を感じれる瞬間が主に公園です。

砂場遊びもそう、ブランコもそう、滑り台もローラー滑り台もそう。

思い出つまった公園と思い出作れる公園どこもかしこも思い出だらけでありがたいです。リョウシンJV錠は口コミで関節痛や神経痛に効果がある